Ridery

Webのデザインやエンジニアリング、カメラや写真のことをメインに日常生活もたまに書いています。

【アクセス解析】卓展のWebサイトを公開して1ヶ月が経ちました

はじめまして、ライダーです。

名古屋市立大学芸術工学部で開催される卓展のWebサイトを制作/公開しました。 公開から1ヶ月ほど経ちましたので、そのレポート記事を書きます?

f:id:mtmtkzm:20160714100948p:plain

不思議なことに去年まで卓展のWebサイトは存在していなかったので、ドメインを取得して新規立ち上げ! ドメインは、日本語ドメイン(卓展.com)を取るかめちゃくちゃ悩んだけど無難に...でも使ってみたかったなあ

卓展とは?

「デザインを学ぶ学生による、12のプロジェクトの成果発表・展示会」のことであります!! ようするにクリエイティブな展示会のこと!

卓展の詳細はせっかくなので制作したWebサイト上でみてください! taku-ten.com

ちなみに、僕はDoodleの卓長をやっています(http://doooodle.org)が、これはまた後日!

サイト公開直後の反応は上々?

Twitter以外でも・・?

なんと・・?

2つのWebデザインギャラリーに掲載されていました?

自分が作ったものが掲載されるのは初めての経験なので嬉しい!!

普段こういったギャラリーサイトを見てインスピレーションを受け制作しているので、どこかの誰かがこれを見て何かを作っているかもしれない!!!そう思うと感無量ですねー!!

話は変わって、GoogleAnalyticsをみてみる

GoogleAnalyticsとは、アクセス解析ができるすごいツールです。
このサイトでは特にそんなに面白いことないけど、この1ヶ月間(6/29~7/29)のGoogleAnalyticsをちょろっとみてみましょう!

アクセス数 - PV(ページビュー)

3315件

f:id:mtmtkzm:20160731024851p:plain

公開した初日、他の人比べてどんっと1015件。
その次の日は半分、後半はだいたい30~60件くらいの幅でさまよっています。うーん・・低い。。

まあ更新されるコンテンツもないしサイトの性質上仕方ないのか?

ユーザー - 国別

言語 セッション セッション(%)
1. ja-jp 1,046 44.64%
2. ja 955 40.76%
3. zh-cn 194 8.28%
4. zh-tw 51 2.18%

卓展のWebサイトで少し違うのは、中国(zh-tw, zh-cn)が3,4位にランクインしています。
これは、先ほどギャラリーサイトに掲載されたといいましたが、そのうちひとつが中国のギャラリーサイトだったのでその影響でしょう。スパムではありません。

ギャラリー掲載効果すごいなあ。

集客 - 参照元

参照元 セッション数
1. bookma.org 693
2. pixid.cn 126
3. iiiimg.com 45

中国がランクインしていたことからもわかりますがギャラリーサイトに掲載された効果は絶大・・! というかほとんどそこからのアクセスで、なんとも言えない気持ちにもなりますが笑

というわけで3項目、こういうのも見れるんだよー!(見られてるんだよー)というくらいにしかなりませんが書いてみました。

卓展に足を運ぶ人を増やすには

Webサイト制作の目的は、卓展2016の広報です。
ここでいう広報とはつまり、当日の来場者をいかに増やすかってことなのですが、そのためにはアクセス数というのが重要なのは容易に想像できますね。

卓展のことを知らない人に、行ってみたいと思わせるには卓展の魅力を語り共感してもらわなければなりません。

というわけでTwitterにて#卓展2016のハッシュタグと一緒に制作状況をどんどんツイートしていってもらえれば!と思っています!!!

おわりに

こういうの、ちゃんと運用してみたいって思うけどどうしたらいいのか分からないのでこの本を買ってみました

なんかいい感じに読み進められれば記事にしてみようかな!

それではっ